神待ちの礼央奈ちゃんの肉体を使って、初体験ができました。
待ちに待った初セックス。
最高の快楽でした。
最大の興奮でした。
礼央奈ちゃんと、その日からセックスする日々が続くようになりました。
しばらくは、僕のところで寝泊まりすることになったからです。
目を覚ませば、隣に女の子がいる。
帰宅すれば女の子がいる。
一緒に、お風呂に入ったりも楽しむ。
バリバリ挿入させてもらう。
この生活を手にできて、生まれて初めての多幸感を味わい尽くしていきました。
恋人ではないけれど、女の子と一緒にいるってすごく楽しい。
こんな日々が自分のものになるとは、信じられない気持ちでいっぱい。
来る日も来る日も、エッチやり続けてしまった感じです。

 

 家出少女が帰宅してから、また新たに相手探し。
店長から教わった神待ちサイトで、家出少女探しです。
助けて欲しい女の子って、想像よりもたくさんいます。
だからメール交換にもなります。
LINEで話してみて、エッチができなければ完全スルー。
さらにエッチが出来る子を探し続ける。
次にハッピーメールで知り合ったのが、18歳の専門学生の女の子でした。
蛍ちゃんは、親と喧嘩をしていよう飛び出している最中。
テレセにこそならなかったけれど、エロい会話にも付き合ってくれた女の子。
「お腹がすいてて、何か食べさせてもらえませんか?」
緊急性があるようだから、待ち合わせを決めました。

 

 蛍ちゃんを連れて、バーガーショップに。
彼女の食べっぷりを見ると、本当に空腹だったことが分りました。
食事しながら「泊まりに来てもいいんだよ」と伝えると、うなずいてくれました。
丸顔で童顔。
JKのような容姿でした。
部屋に連れ込んで、お風呂に入らせてやる。
くつろいでいる最中に、体をいじっていく。
素直に抱かれてくれます。
Dカップの膨らみの柔らかさがとてもエロい。
チンコはすぐギンギンになってしまいました。